頭の良さNo.1!ボーダーコリーの性格や魅力などについて語ります

白と黒の毛並みが特徴的なボーダーコリー。

広場を颯爽と走り抜ける姿がかっこいいですよね。運動能力が高く、多くの場で活躍している犬種です。

今回はそんなボーダーコリーについてご紹介したいと思います。

ボーダーコリーってどんな犬?

ボーダーコリーは1700年代にイギリスで誕生しました。羊を追う牧羊犬として作られたため、非常にエネルギッシュでスタミナのある犬種です。

イングランドとスコットランドの国境付近が原産のため、国境という意味のボーダーの名前がつきました。

体高は46~54cm、体重は14~20kgが理想とされ、均整のとれた体つきは華奢に見えますが、しっかりした骨格と筋肉が備わった頑丈な体をしています。

現代でも牧羊の世界で活躍している犬種ですが、日本では主に家庭犬として飼われており、ドッグアジリティや競技会などで高い評価を受けています。

ボーダーコリーの性格

優秀な牧羊犬としての気質が備わっているため、学習能力が高い上に飼い主に従順です。作業することが大好きなので、

常に何か仕事はないかと探し回ることもあります。 好奇心旺盛な反面、執着心が強く出ることもあるので誤った学習をしないよう、子犬の時からトレーニングをする必要があります。

利口だからこそ注意しなければならない点はありますが、基本的に明るくて社交的な性格なので、良い相棒になってくれるでしょう。

ボーダーコリーの毛質、毛色

ボーダーコリーは細くなめらかな被毛を持っています。

ラフコート(長毛)でブラック&ホワイトの毛色が一般的ですが、スムースコート(短毛)もいれば、レッド&ホワイトやセーブル&ホワイトといった毛色を持つ個体もいます。

競技会など多くのボーダーコリーが集まる場所では、珍しい毛色と出会える可能性が高いです。

また、毛が2重構造になっているため、換毛期には大量の毛が抜け落ちます。被毛の健康を保つためにも、こまめなブラッシングは必須です。

ボーダーコリーの魅力

優れた運動能力を持ち、人に従うのが大好きなボーダーコリー。ボーダーコリーにはできないことがないといわれるほど才能豊かです。

他にどんな魅力があるのかを下記にまとめました。

仕事が大好き

人から指示を受けて行動することが大好きなボーダーコリー。仕事を達成したときの喜びは、餌をもらえる時間よりも上回るかもしれません。

それほど仕事熱心で向上心のある犬種です。 積極的にトレーニングを行い、さまざまな指示を出すことによって、ボーダーコリーの能力を引き出すことができます。

また、トレーニングはボーダーコリーを満足させるだけでなく、飼い主との信頼関係を深める時間にもなりますよ。

とにかくエネルギッシュでアクティブ

ボーダーコリーはずば抜けた身体能力を持っているので、アクティブな飼い主にはぴったりです。

ジョギングやボールやディスクを使った遊びなど、一緒にスポーツを楽しむことができます。

ボーダーコリーはただ走るのが好きというわけではなく、走っている間も周りを観察し、考えながら行動していますので、遊ぶときは頭脳を使ったゲームを取り入れてあげると、より生き生きとした姿を見せてくれるでしょう。

ケジメある付き合いが最適

ボーダーコリーは人の指示に従って仕事をする作業犬ですので、高い自立心を持っています。

飼い主がいないと寂しくて鳴き出してしまうような犬ではないので、きちんとトレーニングができていれば留守番も問題なく行えるでしょう。

人と犬の境界線があいまいにならず、主従関係を築きやすい犬種といえます。

ボーダーコリーの価格

ボーダーコリーの価格はだいたい、15~25万円が相場となっています。

定番のブラック&ホワイトの子犬が大半を占めていますが、専門のブリーダーの元では珍しいトライカラーの取り扱いもあります。

レアな毛色は高値がつく傾向にありますが、価格の差はあまり大きくないようです。 ボーダーコリーは性別に体格差があり、オスの方が大きく、メスの方が華奢な体つきです。

それぞれの身体的な特徴を踏まえて、家族に合った性別を選びましょう。 また犬の性格も好みですが、落ち着きがあって従順な子犬であれば家庭犬に向いていると思います。 どんな犬を飼いたいのか、あらかじめ明確なイメージを持っておくと選びやすくなりますよ。

ボーダーコリーがかかりやすい病気

毎日の生活の中で、ちょっとでもおかしいな?と異変を感じたら、迷わず動物病院へ連絡しましょう。

飼い主の気づきが、愛犬の健康を守ることに繋がります。 ここではボーダーコリーが注意しなければならない病気についてまとめました。

目の病気

コリー・アイ 水晶体脱臼 コリー系の犬種に多く見られる遺伝性の目の疾患を、コリー・アイと呼びます。症状は状態によってさまざまですが、進行すると視覚障害が表れます。

水晶体脱臼は、水晶体を支える靭帯が切れることで水晶体がずれてしまう病気です。放置すれば痛みを伴うようになり、緑内障を引き起こします。

どちらの病気も症状がわかりづらいため、少しでも目の異常に気づいたら動物病院に相談しましょう。

骨の病気

股関節形成不全 離脱性骨軟骨炎 股関節形成不全は、股関節が正常に形成されない病気です。

原因は遺伝による先天性と、後天性にわかれます。軽症だと症状がわかりづらいですが、症状が進行すると足を引きずって歩いたり、運動を嫌がったりします。 後天性の原因はほぼ肥満によるものなので、食事管理と十分な運動で予防していきましょう。

離脱性骨軟骨炎は、手首や股関節などの関節の軟骨が欠けてしまう病気です。 患部が炎症を起こすと痛みや歩行異常が見られるようになります。

成長期の過度な運動な原因で、子犬に多く見られます。5~10か月の間はハードな運動は避け、適度な運動を心がけましょう。

鼻の病気

コリー・ノーズ 鼻先や鼻筋の皮膚が脱毛したり、赤くなったり、水分がにじんだりする皮膚炎です。光線過敏性皮膚炎ともいい、日光に当たりすぎることが原因になります。 予防としては日差しが強い日は日光に当てない、犬が鼻を気にして掻かないようにするなどがあります。

その他

CL病(セロイドリポフスチン症) ボーダーコリー特有の遺伝性の病気で、神経細胞が冒されてしまう状態を指します。

発症率は1800分の1と低いですが、発症すると視力障害や歩行困難、異常行動などさまざまな症状を引き起こし、3歳半までに死亡する可能性が高いとされています。

ボーダーコリーを飼う上での注意点

ボーダーコリーは牧羊犬としてとても優秀な能力を持っています。しかし家庭で飼うとなると、注意しなければならないことがあります。

これからボーダーコリーを飼いたいと考えている人は、参考にしてみてください。

小さな子供がいる家庭は要注意

ボーダーコリーはフレンドリーで明るい性格をしているので、相手が子供でも良き遊び相手になれます。

しかし遊びの途中で牧羊犬としてのスイッチが入ってしまうと、子供を羊に見立てて追いかけ回したり、唸ったりするような行動に出てしまうかもしれません。

子供が小さい時は犬と2人きりにせず、大人の目の届くところで犬と過ごさせるのが良いと思います。

また動くものに反応する習性があるので、自転車やバイクを追いかけたりしないよう、散歩中は犬から目を離さないようにしましょう。

利口な犬!だからこそしっかりトレーニングを

ボーダーコリーは非常に賢い犬種です。

だからといってトレーニングを怠ってしまえば、言うことを聞かないわがままな犬に育ってしまいます。

間違った学習の積み重ねは、やがて問題行動に発展しかねません。 そうならないためにも、飼い主の言うことに従うよう子犬の頃からトレーニングを行っていきましょう。 成犬になると自我が生まれ、突然言うことを聞かなくなる場面もあるかもしれません。そこで屈してしまうと、ボーダーコリーは飼い主を自分よりも格下の相手だと位置付けて、ますます扱いにくくなります。

例えわがままな態度を見せ始めても、決してぶれずに犬のリーダーとして接していくことが大切です。

運動不足はストレスに

どんな犬種でも運動不足はストレスの元になりますが、ボーダーコリーは特に運動量を必要とする犬種なので、ずっと家の中に置かれているとストレスが増してしまいます。

また肥満の原因にもなるので、1日に30分から1時間は運動の時間を設けましょう。 歩くだけではなく、思いっきり走れる環境に連れていくことで、ボーダーコリーは健全に育っていきます。

ただし発育途中の子犬は過度な運動をさせると骨のトラブルにつながるため、ライフステージにあった運動を行いましょう。

まとめ

ボーダーコリーは利口なので飼いやすいと思う方も多いでしょう。

しかし利口な分、きちんとトレーニングを行わないと、飼い主が望まない行動に出ることもあります。

トレーニングに不安を覚えたら、プロのトレーナーに相談してみても良いでしょう。 また、生粋の牧羊犬だということも忘れてはいけません。犬の中でも超活動的と言われるボーダーコリーなので、十分に運動ができる環境を与えてあげてください。

人の指示に従って行動することが好き、という性格を上手く利用しながら付き合っていくことができれば、名犬になることも夢ではありません。