閲覧注意!アフリカの食人女王ンジンガ 彼女は果たして本当に悪女だったのだろうか?

以前、このブログで「世界の悪女ランキング」という記事を公開した。

www.myworldhistoryblog.com

実に大きな反響のあった記事で、沢山の人に読んでもらった。

何人もの強烈な個性がひしめき合う中で、一際目を引いたのがンジンガの存在だったのではないだろうか。

今回はランキング中唯一のアフリカ系女性であったンジンガについてくわしく見ていきたいと思う。

ちなみに、ンジンガについての動画も作ったので見てくれると嬉しい。

 ンドンゴ王国の女王 

f:id:myworldhistoryblog:20200123215559p:plain

ンジンガは、1583年に現在のアンゴラの辺りにあったンドンゴ王国のキルアンジ王の娘として生まれた。

王はンジンガを大変かわいがって育てたようで、女だてらに戦い方を教えたり、ポルトガル人宣教師に頼んでポルトガル語を学ばせていたらしい。

彼女は非常に聡明で、現地の言葉とポルトガル語を流ちょうに話せたという。

しかしその優秀さが悲劇を招いてしまった。

父が死ぬと王位は兄のムバンディが王位に就くのだが、この人物がかなり猜疑心の深い人物であったようで、妹とその子供に王位が乗っ取られるという恐怖心にかられ、ンジンガの子供を殺し、ンジンガに対し子宮に熱湯を注ぎ焼けた棒を差し込むというとんでもない方法で拷問を加え、二度と子供が出来ないようにしてしまう。

ンジンガはなんとか逃げ延びポルトガル大使のいる街で暮らしていたのだが、ある時兄王の召還命令を受ける。

ンドンゴ王国はポルトガルとの戦いに負け、交渉の必要性からポルトガル語に堪能なンジンガの力を必要としていたのだ。

ンジンガが故郷に戻るとそこには荒廃した土地が広がっていたという。

さらに交渉の場についてポルトガル総督の態度はンジンガには無礼に映った。ンドンゴ王国では交渉の場では相手をもてなすのが礼儀だったらしいのだが、ポルトガル総督は椅子とマットという簡素な場しか用意していなかったのだ。

怒りに燃えるンジンガはそこにいたメイドを四つん這いにさせ、人間椅子にしてそこに座ったという。

それが功を奏したのか、ンドンゴ王国は独立が保証され、ポルトガルと対等な関係で通商が可能になった。

しかし当時のヨーロッパ人がそのような約束を守る訳もなく、ンドンゴ王国内で奴隷狩りはするは金銀財宝は略奪していくはで酷い有様であったという。

そして兄王が崩御したタイミングでポルトガルはンドンゴ王国に宣戦布告をする。

跡を継いだ王は幼く国を守るような力はない。そう判断したンジンガは王を殺して自ら女王として君臨することになった。

ポルトガルとの戦い

今もそうであるように、アフリカは徹底的な男尊女卑社会である。

ンジンガの即位に反対する者も多く、あろうことか反対派はポルトガルと結んでンジンガに攻撃を仕掛けた。

ンジンガこれにはたまらず一度は撤退する者の、不屈の闘志で再びンドンゴ王国を取り戻すことに成功する。

それでも彼女は英雄とはみなされず、女性であることから王位に相応しくないと考える者の方が多かった。

そこで彼女は自ら男王と同じような行動をとることにする。

具体的にはハーレムを作り、そこで男たちを女装させ、この男たちが仮に女性に手を出せば死刑にしたという。

そうこうしている間に隣国にオランダが攻め込んできた。彼女は豊富な語学力を駆使してオランダと対ポルトガル同盟を結成、これがポルトガルの知ることになり再び戦争へ。

しかし勇敢なンジンガは見事ポルトガルの撃退に成功し、以後彼女が死ぬまでンドンゴ王国は独立を守り続けるのであった。

ンジンガがやったとされる悪事

ここから先は閲覧注意で、彼女は以下のようなことを行ったという。

・ある村に行き、その住人600人を殺害し石臼で引いて食べた
・特に子供を好み、120人の子供を2日間で食べてしまった
・血を見るのが好きで、行為後男を殺すのが趣味だった
・最後に生き残ったものを助けてやる!と囚人を集めて戦わせ、最後に残った1人を結局殺害した

これらが本当であるかどうかはかなり疑わしい。

なにせこれらの悪事はポルトガル総督の記録に記載されていることで、信憑性のほどは確かではない。

ンジンガは果たして悪女だったのか?

自分で悪女ランキングに記載しておいてこの質問はないだろうという感じだが、彼女の悪事は明らかに誇張されている面が強い。

とはいえ幼き王を殺したりハーレムを作ったり獰猛な性格をしていたのは確かなようで、誇張はあるけれどもある程度本当のことでもあるのだろう。

英雄と暴君は紙一重で、ンジンガも17世紀という時代にヨーロッパの侵略を防いだのは確かであり、現在ではアフリカで英雄視されている。

彼女は聡明かつ勇敢で、その能力をもって国の独立を守ったのは確かであり、彼女の死後ンドンゴ王国はすぐに滅亡してしまう。

ンジンガは悪女か英雄か?

その2つは必ずしも背反せず、どちらもンジンガの側面なのだろう。