youtubeで世界史動画を始めたのでアテネの民主政についてまとめるぜ!

表題が完全に論理破綻しているが、世界史動画を作った。

作るのに5時間ぐらいかかったうえに出来上がった動画はクオリティが高いとは言えないが、よかったら見ておくれ(;;)

そしてチャンネル登録しておくれ。。。俺からのお願いだよ!

 

youtubeに関しては去年の夏から挑戦していて、かなり苦戦している。なんか自分で思っているような動画が作れないしほとんど誰もみてねー(;ω;)なので去年の夏に初めて夏から放置している。

気が付いたら61人もチャンネル登録してくれているのでちゃんと頑張ろうと思っている。せっかく世界史ブログを立ち上げたんだから世界史動画も作ろうと思って作ったらさっきも言ったように5時間もかかった。

ブログはもちろん動画ももっといいものを作れるようになりたいと思いましたまる(・ω・)

もしある程度の手ごたえを感じたら世界史動画をガンガン作っていこうと思ってる。かなり大変だけど・・・

アテネの民主政についてまとめるぜ!

 動画でも解説したけれどアテネの民主政を理解する上で重要なのは以下の4人となる。

① ソロン

② ペイシストラトス

③ クレイステネス

④ ペリクレス

細かいことを言うとソロンの前にドラコンという人が慣習法を成文化して貴族による法の独占を破っている。

法律というと6法にあるように成文化したものを想像しがちだが、古代社会においては文字そのものがない文化もあり割と裁判をやっても恣意的になりやすかったのだ。そこで成文化を行ったドラコンの功績も実は大きい。

ソロンの改革

考えてみれば世界史の教科書に載るというのは凄い。日本人はあまり載っていないし、日本で熱狂的な人気を誇る三国志の登場人物たちもほぼ登場しない。登場しても呂布とかではなく九品官人制を制定した曹丕とかだったりする。

それはさて置きソロンの改革がアテネの民主政および世界史に与えた影響は大きい。一部の寡占的な特権階級が政治を行うのではなくそこに住まう者全体で決めるというのは実に素晴らしい意見だ。

ソロンの改革に関しては別記事にまとめたのでそちらを見てくれると嬉しい。

www.myworldhistoryblog.com

ペイシストラトスの僭主政

ペイシストラトス以前にも僭主になろうとして失敗したキュロンという人物がいるのだが、失敗してなんと処刑されている。ソクラテスの件もそうだが、古代アテネは中々辛辣だ。

ペイシストラトスは僭主ではあるが民主政に寄与するという妙な人物であった。が、その息子ヒッピアスは暴君化した。

ペイシストラトスについても別記事にまとめたからそちらを見てくれると嬉しい。

www.myworldhistoryblog.com

 クレイステネスの改革

アテネの民主政を事実上完成させたのはクレイステネスであると言える。

オストラシズムや平民会の教科、デモスの導入など民主政に必要な改革を断行したその実行力は世界史上でも無二の存在だと言えるだろう。

クレイステネスの業績についてもまとめているので是非見てほしい。

www.myworldhistoryblog.com

ペリクレス

全盛期を迎えるということは後は衰退するだけということでもある。

アテネはペリクレスの時代にその民主政の最盛期を迎えた。そして急速に衰退していった。

www.myworldhistoryblog.com

ペリクレスのもとで民会は最高意思決定機関になり人類史上初にして最後の直接民主制を実現した国家となった。

議員となった者に日当を支給するなど功績の部分も大きいが、パルテノン神殿の再建のためにデロス同盟の資金を流用するなど負に面も目立つ。

f:id:myworldhistoryblog:20190109200516j:plain

 ペリクレス亡きあとのアテネではデマゴーゴスと言われる扇動政治家が跋扈し、衆愚政治と言われる乱れた政治が続くことになる。

スパルタを中心としたペロポネソス同盟との闘いにも負け、紀元前338年、カイロネイヤの土地においてマケドニア王フィリッポス2世に敗北しアテネは滅びの道をたどることになる。

民主主義というものは、最も理想的な政治制度であるとともに最も脆い政治制度なのかもしれない。その後17世紀のイギリスが民主制度を採用するまで、民主政治を取り入れた大国は共和政ローマ以外に存在しない。

共和政ローマもやがてアウグストゥスのもとで帝政ローマへの道を歩むことになったのであった。