元通産官僚が池袋で起こした10人殺傷事件に日本の腐った部分が全て出ている件について

2019年、いたましい事件が起きた。

87歳の元通産官僚が車を暴走させた末に死者2人を含む合計10人もの人間を殺傷した事件だ。

www3.nhk.or.jp

この記事を書いている現在、その元通産官僚は捕まっておらず、ネット上では様々な憶測が飛び交っている。

結局のところどれが真実でどれが虚実なのかはわからないが、これは決して風化させてはいけない事件だ。

そう思い、怒りを込めて記事にすることにする。

www.sankei.com

 「上級国民」だから逮捕されない訳ではない

官僚憎しの気持ちはよく分かる。俺自身今日も税務署との所得税を巡るやりとりで無意味に消耗した。住んでいる地域と事務所のある地域が異なるため二重に所得税が取られそうになったのだ。きちんと払ったのに「督促状」が届いたため憤慨して電話をかけた。完全に向こう側のミスだった訳だが、官僚をはじめとした役所のシステムがこの国を衰退させ、滅ぼしかけていることは間違いがない。

公務員はいわば現代日本に巣食う癌のようなものだ。

だが、この事件とそれとは区別しなければならない。

元通産官僚飯塚幸三が逮捕されないのは彼が元通産官僚だからではなく、単に入院しているからだ。

www.sankei.com

元官僚だからと言って逮捕されないという訳ではない。

「逃亡や証拠隠滅の恐れがない」場合において逮捕をしない場合もあり、今回はそのケースだ。起訴されない訳ではない。

ただし今回のケースについては、だ。

他のケースに関しては分からない。

「元官僚」という肩書が表すもの

「元官僚」が示すワードは「天下り」だ。

日本の発展を最も阻害し、国際競争力を奪っているのが「天下り」で、一部の企業は官との癒着が激しく、一定の仕事をコネのみでとってきているため、世界で通用する技術が発展していかないという点は、この国の根底に巣食う病理だと言える。

 

oreno-yuigon.hatenablog.com

oreno-yuigon.hatenablog.com

官と一部の大手企業の癒着は昔から指摘されているにも関わらず、その実態は我々一般国民の知るところにあらずでむしろ昔よりも進行している。

「上級国民」なんて言葉があるけれど、この国の人々は急速に上下に引き裂かれた。力を持つ一部の勢力とそうじゃない多数の国民達。

資本主義的原則の、搾取される者とする者。

官と民は手を組んで搾取する者として君臨する。その者たちはネットでは「上級国民」と揶揄される。その最たる例の「岩崎弥太郎」や「渋沢栄一」がお札になったりする世の中だ。明治時代からこの国は何も変わっていない。

だから官同士でも癒着が起こっていて、元通産官僚だから捕まらなかったんじゃないかという憶測が生まれるのも無理はない。

事実官と民が癒着して起る弊害が多数存在している。

警察ではなくマスコミが問題

ジャニーズ事務所のメンバーが問題を起こした際「〇〇メンバー」と言う名称が使われることが多い。

これは大手マスコミによる忖度の最たるもので、その報道にまるで公平性がないことがそれでよく分かる。

マスコミは自分たちのことを「第4の権力」と言っているそうだが、「暴走する第4の権力」と言うのが正しいだろう。

個人的に今回の警察の措置は妥当であると思っている。

一方で問題なのは新聞やテレビ局と言った大手マスコミであろう。

事実先ほどの産経新聞の記事にしても以下のような記述がされている。

車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が逮捕されていないことに対し

「容疑者」ではないのだ。

同署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで市交通局のバス運転手、大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を現行犯逮捕。

 引用元:https://www.sankei.com/affairs/news/190422/afr1904220008-n1.html

こちらではしっかりと「容疑者」としている。

これを忖度と言わず何が忖度なのか?

明らかに元通産官僚であることに配慮している結果だ。

民が官に逆らえない現実

我々の国、日本と言う国の借金が1000兆円を超えていることは皆知っている。

では誰から借りているのだろうか?

答えは「国民」からである。

日本は日本国債を売って借金をしている。

アメリカの大手格付け会社であるスタンダード&プアーズ(S&P)によれば、日本の国際の格付けは「Aプラス」でだいたいアイルランドとかスロバキアとかと同レベルだ。

データ引用元:https://www.standardandpoors.com/ja_JP/delegate/getPDF;jsessionid=6C45D385D4746BE4D403C711A24AA03A?articleId=2188946&type=COMMENTS&subType=REGULATORY

利率は10年もので0.1%

参考までにアメリカは2.3% 格付けは「AA+」

引用元:https://www.bloomberg.co.jp/markets/rates-bonds/government-bonds/us

こんなどうしようもない債券を買っているのは日本の銀行だ。

正確に言えば「買わせている」が正しいだろう。

f:id:myworldhistoryblog:20190424200413j:plain

引用元:https://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/breakdown.pdf

日本の銀行は財務省や金融庁などに頭が上がらない。

その背後には「天下り」の事実が存在している。

jp.reuters.com

日本のテレビ局は広告代理店である電通の尽力があってできたのは有名だが、その電通に最近通産官僚が天下ったのもまた有名な話だ。

www.nikkei.com

テレビ局の収入が広告収入である以上、電通を通して日本のマスコミが官僚たちの支配下にあるのは明白だ。

だから今回のようなおかしな報道になる。

警察庁に関してはわからないが、大手マスコミと関係省庁がズブズブの関係であるのは今回に限った話ではない。

小渕元総理大臣の娘がTBSだったことを含めて、政財界がマスコミを支配しているのはもはやテロリストがマスコミを支配している国と何も変わらないとさえ言えるだろう。

国外ではこのことが認識されているため「報道の自由度」では日本は先進国中最下位になっている。そりゃそうだ。

ja.wikipedia.org

今回は「天下り」を糾弾することが目的ではないのでこの件はここまでにする。

でもマジでマスコミは腐ってる。

幼き命が奪われたことさえ国への忖度に利用する。それが大手マスコミというものだな。流石だよ!素晴らしい!

老人に殺される若者

問題の本質は事件の容疑者が元通産官僚であることではない。

87歳の老人が31歳の母親と3歳の幼き命を奪ったことが問題なのだ。

日本は富裕な老人を貧乏な若者が支えるという歪な社会を形成している。

例えば平成元年に月8000円だった国民年金は2019年には月16000円になっている。おおよそ倍だ。

その間にどれぐらい物価が上がっているかと言うと大体1.2倍ぐらい。

ではもらえる額は?というと、1999年をピークに下がっている。1999年に60歳だった人間は1940年前後に生まれていて、その人たちが成人した1960年頃の国民年金は1000円代だった。

くわしくは以下の記事をみてくれるとありがたい。

www.myworldhistoryblog.com

月1000円払っていた老人が一番多くの額を受け取り、一番多くの額を払った人間はそれを受け取れない。

ちなみに20代の平均年収は大体50代の人の半分ぐらいだそうだ。

f:id:myworldhistoryblog:20190424201845j:plain

引用元:https://doda.jp/guide/heikin/age/

貧乏な若者を老人が搾取している構造な訳だが、その命まで奪われるというのは如何なものか?

老人が起こした交通事故(死傷事故)

実際にどれくらいの人が暴走老人によって殺されたのかを少し調べてみた。

www.sankei.com

www.sankei.com

www.tokyo-np.co.jp

www.sankei.com

mainichi.jp

多すぎるよ・・・

これらの暴走車両と通り魔、一体何が違うんだろうか?

結果無価値と行為無価値

俺も一応法学部なので少しだけ法律の話をすると、日本の刑法には「結果無価値」と「行為無価値」という考え方がある。要は結果が悪いのか行為者が悪いのかということで、「人が死ぬ」という行為であっても過失によるものと故意によるものは全然違うという考えが根底になる。

日本では裁かれるべきは結果ではなく行為であり、「反対動機の形成ができる」かどうかでその罪の重さが決まるようになっている。

有名な「刑法38条」の問題もここから来ている。

ja.wikibooks.org

だからこれらの事件では人が死んでいるにも関わらず「殺人」では起訴できない。

ただ一方的に命が奪われただけである。

そんな馬鹿なことってないよ。

その死を無駄にしてはいけない

老人を車に乗せるのがそんなに大事か?

年金の受給開始とともに免許は返納させればいい。そうすれば今回の事故は起こらなかった。

年金って何のために国が支払うの?

もう働けなくなった人が安心して暮らせるようにするためだよね。

でも、もう働けなくなったら車の運転はしちゃダメなんじゃない?

3歳の子ともがその未来を奪われたということを、我々は無駄にしてはならないと思う。

加害者ばかりが保護される

俺が大学時代、あるいはもっと前から日本の行政は加害者寄りだと言われている。

「99人の有罪の者を逃しても、1人の無罪の人間を裁いてはならない」

この原則のもと動いていて、元々からして「被疑者保護」の原理が働いているというのがある。

それ以上にマスコミだろう。

どこまでも腐っているマスコミは被害者遺族を嬲り、時に貶め、二度目の被害を与える。

当初飯塚幸三の名前をマスコミは流さなかった。だが、被害者の名前はすぐに出た。

俺が子供の頃に起きた「神戸市須磨区での事件」の際にも同じことが起こった。被害者の名前や顔は出たのに加害者の名前も顔も出てこなかった。

今回も、加害者がまた保護されるの?

いじめている側には意識がない

俺は30代だが、老人からこの事件を見たらどうなるのかということが気になっていた。

先日TBS系のテレビ番組において、武田邦彦という75歳の男性が以下のことを言っていたようだ。

「これ、老人イジメじゃないの?」

「運転を安全にするってのは、技術だけの問題じゃないんですよ。心理的な問題ですね。20代の事故率がなぜ高いかって言ったら、乱暴だからなんですよ。だから、その調査の中に、乱暴性も入れなきゃいけない」

「老人をさ、思い出で生きれって言ってるね」

「年齢がいくと自信がなくなるという根拠はどこにある?」。武田さんは、この調査に不満をぶつけ、「何かみんな先入観があるんじゃない? 老人になると自信を失ってほしいとか」

特別解説委員の石塚元章さんは、交通安全白書を見ると、運転ミスは、75歳以上になると倍にも増えると紹介したが、武田さんは、「それはね、情報操作なの、警察庁の」と譲らなかった。

 

参考外部リンク:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000008-jct-soci

これが一般的な老人の意見なのだろうか?

だとすれば救えない。

人が死んでるんだぜ?

3歳の子がさ?

その3歳の子は、これからもっと楽しいことがあったはずだぜ?

それを87歳の元通産官僚が無意味に奪ってさ、それで平気でいられるの?

さすがに腹が立ったので記事にした。

f:id:myworldhistoryblog:20190424203815j:plain

引用元:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/H29zennjiko.pdf

news.tv-asahi.co.jp

俺は車を持っていない。免許もない。

でも生きて行っている。

車って、人の命を奪ってまで運転しなきゃダメなものなの?

まだ3歳だった子供が、その命と未来を奪われなければならなかった理由が俺にはわからない。知っているなら誰か教えてくれ。

高齢者の皆さん、これからも若者の、無実の人間の命を奪ってまで車の運転がしたいですか?

それであなたは幸せですか?