スタディサプリ高校・大学受験の評判や口コミが気になる方へ 実際に利用しているプロがそのおすすめ度について語る

「受験界の黒船」の異名をとるリクルート社のサービス「スタディサプリ」

実際に利用しようかどうか迷っている方も多いと思います。

今回はそのような方のために10代から教育業界にいる私がスタディサプリについてその長所や短所などを含めて解説していきたいと思います。

*当記事は高校生、受験生向けです。小中学生向けスタディサプリについては以下の記事をご覧ください。

www.myworldhistoryblog.com

 スタディサプリの特徴

f:id:myworldhistoryblog:20200104012414p:plain

スタディサプリってどんなサービス?という方のために3行で説明すると以下のようになります。

・あらかじめ録画されている有名講師の授業を見ることができる質の高さ

・パソコン、タブレット、スマートフォンがあればいつでもどこでも授業が見られる柔軟性

・月額980円(税抜)という驚異的なコストパフォーマンス

・使い方は使用者の数だけある選択肢の豊富さ

スタディサプリの前身とも言える受験サプリが世に出た時には教育業界が震撼しました。

なにせ、それまでの予備校においては1授業を通年でとると 1講座7万円ほどが相場であり、現在も相場ですので、ほぼ同質の授業が月額980円(税抜)というのはまさに価格破壊であり、受験サプリは教育業界の黒船であると言われたものです。

実際に授業を担当するのは秀英予備校の英語関先生を始め駿台で教えていた化学の坂田薫先生、Z会教室で教えていた小柴先生など実力派揃いで、安かろう悪かろうではなく安かろう良かろうという部分に大きな特徴がありました。

実際の授業はこんな感じです。

スタディサプリの長所と短所

 スタディサプリの長所をまとめると以下のようになると思います。

・いつでもどこでも授業動画を見ることができる

・何度でも授業動画を見ることができる

・授業の質が高い

・講座の数が多い

・圧倒的コストパフォーマンス

スマホやタブレットでも授業動画を見られるので、わざわざ校舎に行く必要がないのは大きな長所と言えるでしょう。近くに予備校がない方や女の子が夜道を歩かなくて済むことは小さくないメリットです。

さらに月額制なので授業を何度も見られ、これが後に記述するような大きなメリットとなります。

さらに先述したように大手予備校でも教えていた講師陣がほとんどなので授業の質が高く、 後述するように選べる講座の数が多いのも長所です。

そしてこれだけ質の高いサービスが月額980円(税抜)という圧倒的なコストパフォーマンスで受講できるのは一昔前では考えられなかったことと言えます。

それではスタディサプリにはどのような短所があるのでしょうか?

・強制力はない

・カリキュラムもない

・サポート体制は整っていない

 スタディサプリに限った話ではありませんが、強制力はありません。特にスタディサプリには課題もなく、さぼろうと思えばいくらでもさぼれてしまい、申し込んだはいいけれど全く使わなかったということにもなりかねません。

また、予備校はもちろん他の通信教育と違いカリキュラムがないため、自分で受講スケジュールなどを設定する必要があります。

この点は短所とも言えますが、後述するように長所にもなり得る部分です。

明確に短所と言えるのはサポート体制の部分でしょうか。

スタディサプリはその圧倒的なコストパフォーマンスを実現するために徹底的にコストカットを行いました。

担任制度などもなく、デフォルトのコースでは自分でカリキュラムからなにから処理する必要があります。

ただ、現在では「合格特訓コース」なるもコースが設定されており、月額9800円(税抜)で利用できます。こちらのコースを申し込んでも予備校より安価であると言えるでしょう。

また、授業に必要なテキストは無料で印刷可能ですが、印刷されたものを購入することも可能です。

スタディサプリにはどんな講座があるの?

受験に必要な講座は全て揃っていると言っても過言ではないでしょう。

講座は細分化されており、例えば英語であれば「超入門」「スタンダード」「ハイレベル」「トップレベル」とあり、「センター対策講座」「東京大学対策英語」を始めとした各志望校別の対策講座などあらゆるニーズに応えられるラインナップになっています。

f:id:myworldhistoryblog:20200103215054j:plain

理科系科目はスタンダードレベルからハイレベル、トップレベル、そして基礎まで対応しており、網羅性という意味では大手予備校に引けを取らないと言えます。

実際にスタディサプリを利用しての感想

実際に私も自学のために利用しています。私は職業柄幅広い科目に対応しなければならないので非常に重宝しています。

良い意味で色々な使い方が出来ますが、悪い意味ではどう使っていいのか難しいサービスであるとも言えます。

特にカリキュラムがないので学習ペースをどれくらいでやればいいのかという点は高校生を迷わせるかも知れません。どの時点でスタディサプリを申し込むのかによってカリキュラムなども大きく変わりますが、先述したようにその点をクリアすれば大きく学力を伸ばせるシステムでもあります。

スタディサプリと他サービスの比較

この部分は詳細に書くと1記事には収まりませんので、暫時各サービスとの比較記事を書いていきたいと思います。 

実際にスタディサプリを利用した人の評判や口コミ

 実際にスタディサプリで学んだ方、あるいはその保護者の方の評判および口コミを記載したいと思います。

*口コミはクラウドサービスで募集したものや別サイトに寄せられたものを掲載しています。

 学校の授業が分かりにくかったので利用してみたのですが、わかりやすさのレベルが違い過ぎて驚きました。特に英語は本当に苦手だったのですが、スタディサプリの授業を受ければ受けるほど得意になっていき、それに伴って志望校のレベルがどんどん上がっていきました。

最終的に当初の志望校以上の大学に合格できたのはスタディサプリを実践したおかげだと思っています。

息子がやっておりました。 恥ずかしながら大学の学費を考えると予備校に通わせるだけの余裕がなく、息子には申し訳なく思っていたのでスタディサプリの存在はとても助かりました。 息子も最終的に志望校に合格することができ、このような素晴らしいサービスが存在したことに感謝しております
大学受験の際、予備校に通うかどうか迷ったのですが、自宅から予備校まで1時間以上かかるためどこでも授業の受けられるスタディサプリを受講しました。自分はとにかく数学が苦手だったので重点的に受けた結果逆に得点源にすることができました。苦手な分野でも徹底的に学べるスタディサプリにして良かったと思います。

スタディサプリを利用してどのように成績を上げて行けばいいのか

 どの時点でスタディサプリを申し込んだかによって大きく異なるのですが、個人的にスタディサプリの最大の長所は「速習」が可能であるところだと思っています。

「速習」というのは、通常のカリキュラムを圧縮して学習する方法のことで、東進ハイスクールが大幅に躍進したのもこの「速習」を取り入れたからだと言えます。

例えば、英語3年間分を学習するのに通常のカリキュラムであるならば3年かかりますが、スタディサプリを利用することで極端な話1月で学ぶことも可能になる訳です。

例として出すと、「英語スタンダードレベル文法篇×24授業」「英語ハイレベル英語文法篇×24授業」を1月で受講することは可能な訳です。

当然のように入ってくる知識も多いので出ていく知識も多いですが、その分はまた授業を受ければ良く、同じ授業を何度も受けることで知識を深めていくというやり方も出来ます。

そのような形で学んでいけば自分の苦手な部分を重点的にやるなどの対応も可能であり、まさに無限大の可能性を秘めていると言えるでしょう。

確かな意思と実行力さえあればいくらでも成績を伸ばしていけるサービス、それがスタディサプリであると言えます。