サーバーにwordpressをインストールする方法とネームサーバーの書き換え方法について解説!

wordpressを運用するためにはレンタルサーバーなどとの契約が必要になります。

今回は実際にサーバーと契約し、wordpressのインストールを行うところまでを解説していきたいと思います。

共通設定:ドメインのネームサーバー書き換え

f:id:myworldhistoryblog:20190706203829j:plain

ドメインを取得しましたら、ドメインのNS(ネームサーバー)を変える必要があります。

wordpressを運用するためには、ドメインをサーバーに設置する必要があり、その作業がネームサーバーの書き換えになります。

今回はムームードメインでドメインを取得した場合を例に解説させていただきたいと思います。

www.myworldhistoryblog.com


以下はムームドメイン側の画像および作業となります。 ムームードメインのコントロールパネルドメイン一覧の画面に進みます。 以下のようにドメイン名が並んでいるページ

です。

 

2016y09m28d_103336254  

wordpressをインストールしたいドメイン名をクリックしましょう。

取得したばかりだとまだネームサーバーは設定されていない状況になり、muumuudomain.comの名前が掲載されています。  

2016y09m28d_103945302  

ドメインをサーバーに設置するために、ネームサーバー設定変更をクリックします。

以下のような画面になりますので、該当する部分にチェックを入れましょう。

ロリポップヘテムルで運用する場合はそこにチェックを入れてネームサーバー設定変更をクリックすればネームサーバーの変更は完了します。

それ以外で運用する場合は「GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する」にチェックを入れましょう。  

2016y09m28d_104138201  

ここで入力すべきネームサーバーのコードは設置するサーバーによって決められています。

Xサーバーで運用する場合は以下のようになります。

ネームサーバー1: ns1.xserver.jp ( 219.94.200.246 )
ネームサーバー2: ns2.xserver.jp ( 210.188.201.246 )
ネームサーバー3: ns3.xserver.jp ( 219.94.200.247 )
ネームサーバー4: ns4.xserver.jp ( 219.94.203.247 )
ネームサーバー5: ns5.xserver.jp ( 210.188.201.247 )

「ns1.xserver.jp」の部分だけで大丈夫ですのでコピペしてご利用ください。 以下のような感じになります。

2016y09m28d_104655813  

スターサーバーだと以下のようになります。

ネームサーバー1: ns1.firebird.jp ( 112.78.117.92 )
ネームサーバー2: ns2.firebird.jp ( 112.78.117.93 )
ネームサーバー3: ns3.firebird.jp ( 219.94.201.243 )

ネームサーバーについてはサーバー契約時に送られてくるメールアドレスに記載がありますのでそちらを利用しても大丈夫です。

*NSはサーバ毎に違い、サーバーで共通になっています。

NSの書き換えが終わったらサーバーの契約に進みましょう。

*さくらサーバーのようにサーバー側の設定が終わってからネームサーバーの書き換えが必要になるサーバーもあるので注意しましょう。

今回ご紹介するサーバーはすべて先にドメイン側でネームサーバーの設定をしてからサーバーの設定を行うタイプですのでご安心ください。

Xサーバー編

個人的におすすめNO.1サーバーはXサーバーとなり、当サイトもXサーバーで運営しています。

実際に色々と利用してみるとわかるのですが、Xサーバーの使いやすさはあらゆるサーバーの中で群を抜いていますね。

他のサーバーを利用しようとするとなんだか使い辛いなぁと感じるほどです。

月額1000円ほどで利用できるサーバーとしてはXサーバーが最高峰であると言ってよいでしょう。

まずは当然ながらXサーバーと契約する必要があります。Xサーバーの公式ホームページからXサーバーの契約を行いましょう。

公式ホームページに行くと以下のような画面になっていますので、「お申込み」の部分をクリックします。  

2016y09m28d_100224142

  サーバーの新規申し込みは以下のような流れで行われます。

Xサーバーでは10日間の無料利用期間がありますので、料金の支払いはそれからでも良いでしょう。  

2016y09m28d_100354521  

設定完了メールとともにIDやパスワードが交付されます。

非常に重要な情報となりますので大切に保管しておきましょう。忘れたり紛失したりするとなかなか大変だったりします。

Xサーバーのインフォパネルにログイン後、さらにサーバーパネルにログインします。 そうすると以下のようなサーバーパネルの画面になりますので、ドメイン⇒ドメイン設定⇒ドメインの追加設定まで進みます。

以下のような画面になりますので取得したドメインの情報を入力しましょう。

2016y09m28d_101316862  

*ネームサーバーの書き換えには時間がかかることがあります。

ドメインの追加設定が完了したらサイドにある「自動インストール」をクリックしましょう。

ドメイン一覧がでるので、wordopressをインストールしたいドメインを選び「選択する」をクリック⇒自動インストール⇒プログラムのインストールと進むと以下のような画面になります。  

2016y09m28d_102444468

WordPress日本語版「インストール設定」をクリックします。

2016y09m28d_102537898  

以上のような画面になりますので、ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力して「インストール(確認)」を押せば設定完了です。

*ここで設定した各種情報は忘れないようにしましょう。 最終的に以下のような画面になりますので、ユーザー名とパスワードを入力してログインとなります。  

2016y09m28d_102912428

以上でworpressの設定は完了となります。

外部リンク:Xサーバーの公式ホームページ

ロリポップ編

ロリポップはおそらくもっとも簡単にワードプレスの運用が可能なサーバーです。

プランも豊富で使いやすく、初めての方は月額500円のスタンダードプランを申し込んでおけば問題ないと言えます。

まずはロリポップ公式ホームページよりサーバーの契約を行います。

以下のような画面になりますので「お申込みはコチラ」という部分をクリックしましょう。

無料おためし期間があるのが嬉しいですね。

2016y09m28d_133804780  

プランを選択する画面になりますので、以降は指示に従って申込をします。

少し送られてくるメールが多めなので、専用のアドレスを用意するのも良いかも知れません。

お試し期間があるので、支払い自体は後でも大丈夫です。

2016y09m28d_133924375   申込が完了したのちはログイン画面にパスワードなどを打ち込んでログインしましょう。 以下のような画面になりますので、「独自ドメインの設定」をクリックします。 2016y09m28d_134532429 2016y09m28d_134758090  

以下のような画面がでてきますので、取得したドメインの情報を入力します。 「公開アップロードフォルダ」の部分は好きな文字列を入力しましょう。

HTMLサイトを運用するときやFTPソフトを利用するときに必要になりますが、wordpressを運用していく際にはそれほど重要ではない(と思う)ので名前は適当で大丈夫です。

2016y09m28d_134836417

  入力が終わったら「独自ドメインをチェックする」の部分をクリックしましょう。

*ネームサーバーの書き換えなどに時間がかかる場合があります。その場合は時間をおいて再度行いましょう。

独自ドメインの設定が完了したらwodpressをインストールします。 サイドバーにある簡単インストール⇒wordpressをクリックしましょう。

2016y09m28d_135451468  

インストール先のURLを

選び、サイトのタイトルやユーザー名、パスワードなどの必要事項を入力していきます。 これらの情報は大切ですのでどこかにメモをしておきましょう。

2016y09m28d_135735962  

指示に従って進むとwordpressのログイン画面に行きつくため、ユーザー名とパスワードを入力します。

  2016y09m28d_102912428  

以上でロリポップでのwordpressのインストールは完了となります。

外部リンク:ロリポップの申し込みページ

スターサーバー編

ロリポップと並んで使いやすいのがスターサーバーです。

選べるプランも豊富でスペックや使いやすさもいい勝負だと思います。

スターサーバーの公式ホームページへ移動し、画面の少し下側にある「新規お申込み」の部分をクリックします。

ロリポップなどと比べると申込画面への入り口が見つけにくい点は少しマイナスかも知れません。

ただ、「お申込みの流れについて」というわかりやすい説明があるのは大きなプラスだと思います。 契約までの流れはそちらに詳しいので一気に契約成立後ログインした状態まで飛ばします。

Netowlの会員ページにログインしファイアバード管理⇒サーバーアカウント一覧⇒ログインと進みます。

*画像は以前のサービスファイアバードのものとなります(現在のスタンダードプランに相当)。

   その後はサイドバー下の方にある「ドメイン設定」を行いましょう。  

 

2016y09m28d_141514908  

取得したドメインを設定するために「ドメイン追加」をクリックします。  

2016y09m28d_141618515   この際、スタードメインで取得していると設定が楽なので、ファイアバードを利用する際にはあらかじめスタードメインを利用するのも良いかも知れません。   2016y09m28d_141935909  

それ以外でドメインを取得した場合は「他社管理のドメインを追加する」を選びましょう。

2016y09m28d_142133402

取得したドメイン情報を入力します。

「Who is認証」「WEB認証」「メール認証」と3種類の認証方法がありますが「Who is認証」を選び「確認画面」をクリックしましょう。

*ネームサーバーの書き換えに時間がかかることもあるのでその場合は時間を空けましょう。

ドメインの設定が終わりましたらサイドバーにある「簡単インストール」をクリックし、wordpressをインストールしたいドメインを選びます。

以下のような画面になりますので「追加インストール」をクリックします。

2016y09m28d_144331678  

下記のような画面になりますのでwordpressの「インストール設定」をクリックします。

2016y09m28d_144443121  

下記のような画面になるので、ブログ名ユーザー名など必要事項を入力します。  

2016y09m28d_144554181  

これらの項目はメモをしておきましょう。

「確認画面」をクリックし、ログインページに進みます。

2016y09m28d_102912428

ユーザー名とパスワードを打ち込みサイトにログインします。

以上でワードプレスの設定は完了です。

外部リンク:スターサーバー公式ホームページ