五代十国・宋時代

唐から宋へ!五代十国時代の歴史をまとめるぜ!

世界史の教科書でもほとんど扱われることがないため、我々日本人にはなじみの薄い五代十国時代なんだけど、結構キャラの濃い人物たちが狂騒ともよむべき権力争いをしていて興味深い部分も多かったりする。 今回は唐の滅亡から宋が中国を統一するまでの歴史を…

遼の太祖!耶律阿保機(やりつあぼき)

遼を建国したのは二代目の太宗(耶律堯骨)であるが、ほとんどの世界史の教科書にはその基礎を作った耶律阿保機の名がのっている。 五代十国時代にできた強国遼の基礎を築いた太祖、耶律阿保機について見て行こう!

中国史上最も多くの君主に仕え、最も数奇な運命をたどった馮道(ふうどう)という人物について

有名な三国志においても、その生涯において複数の君主に仕えた人物は珍しくない。 名称と名高い張遼は4人、名軍師と名高い賈詡は5人に仕えた。 戦乱に世にあってはこのようなこともよくあるのだが、中国の歴史、いや、世界の歴史においても馮道(ふうどう)…

宋(北宋)の建国者「趙匡胤(太祖)」~五代十国時代を終わらせた英雄にして史上最高の名君の1人!~

中国史上の名君を五人選べと言われたら、宋の太祖こと趙匡胤は確実にその候補にあがるであろう。 今回は唐以来の統一王朝を作り上げた英雄の人生を見て行こう。

歴史的名君!北宋第6代皇帝神宗(趙頊)ですら勝てなかった相手とは?

「神宗」というのは中々の廟号である。 北宋の第6代目の皇帝である神宗の本名は趙頊と言い、彼の名前よりも宰相であった王安石の名前の方が有名であろう。

北宋時代に改革を断行した王安石は中国史を代表する名宰相である

中国4000年の歴史の中で、最も有名な宰相は誰であろうと考えた時、世界史の教科書にも載っている王安石の名がまずは浮かぶ。 北宋は神宗の時代に活躍した宰相王安石について見てみよう。

五代十国時代一の名君!柴栄(後周の世宗)には世界の歴史を変えられる可能性があった

唐が滅亡すると、中国は再び戦乱の時代に突入した。 戦いは100年にも及び、その間には華北に5つ、華南に10の国が次々と興っては消え、建国しては滅亡していったため、世界史ではこの時代を「五代十国時代」と呼ぶ。 秩序は乱れ、治安を守るべき兵士たちは略…