春秋戦国時代

天下統一の基礎を作った男!連衡策で有名な張儀について

中国春秋戦国時代に起こった「諸子百家」の中には合従連衡をその主とする縦横家と言われる派閥があった。 今回紹介する張儀は蘇秦とともに縦横家を代表する存在で、秦による史上初の中国統一に一役買った存在である。

縦横家!なぞに包まれた蘇秦による合従策の全容とは?

中国の戦国時代には「諸子百家」と呼ばれるほど様々な考え方が次から次へと湧き出てきていた。 今回はそんな「諸子百家」の1つ縦横家と呼ばれる思想家の代表「蘇秦」について見て行こう!

春秋戦国時代を代表する名将!!楽毅の活躍に刮目せよ!

春秋戦国時代最強の将軍は? そのような議論になったら確実に名前が挙がるのが今回の主役楽毅(がくき)だ。 小国であった燕に仕え最強国家だった斉を滅亡寸前まで追い詰めた名将について見て行こう。

圧倒的絶望を覆した斉の名将「田単」が凄い!!

田単が将軍に抜擢された時、斉の国は絶体絶命の危機だった。 敵は中国における戦国時代を代表する戦略家で三国志に出てくる登場人物などの尊敬を一身に集めることになる楽毅。 誰もが斉の国の滅亡を確信していた。 ただ一人田単以外は。