アメリカ史

映画ビューティフルマインドのモデルになった天才的数学者ジョン・ナッシュの生涯

今さらながら「ビューティフルマインド」を見た。 この記事を書いている2019年6月現在アマゾンプライムで見られるのでまだ見てない人は是非見て欲しい。 ビューティフルマインドの感想から ジョン・ナッシュの生涯 ジョン・ナッシュの生涯について思うこと

アメリカ合衆国第十四代大統領フランクリン・ピアース

不人気大統領が続く。 アメリカ歴代大統領のうち、不人気大統領はアンドリュー・ジャクソンからセオドア・ルーズベルトまでの約100ぐらいの大統領に集中している。 この時代、アメリカは急速に発展していた。だが、国際的に見れば影響力が強かった訳ではなく…

第十三第アメリカ大統領ミラード・フィルモア

副大統領から大統領になった史上二番目の大統領で、ペリーを日本に派遣した大統領であり、歴代でも全く人気のない大統領である。

第十二代アメリカ合衆国大統領ザカリー・テイラー

ザカリー・テイラーは40年間の陸軍での仕官経験を持ち、アメリカ合衆国の大統領としては最期に奴隷を所有していた人物としても知られているが、奴隷制度に関しては比較的穏健な立場をとっていた。 任期は1年4か月と非常に短く、これは歴代でも3番目に短い任…

アメリカ合衆国第十一代大統領ジェームズ・ポーク

ジェームズ・ポークはとても困難な時代を生き抜いたアメリカ合衆国大統領だ。 彼の任期中にはゴールドラッシュが起こり、米墨戦争の勝利、ウォーカー関税の成立など歴史的にいくつか重要な出来事を経験している。

アメリカ合衆国第十代大統領ジョン・タイラー

アメリカ史上初めて選挙を経ないでアメリカ合衆国大統領になった人物であり、その評価は概ね低いのがアメリカ合衆国第10代大統領であるジョン・タイラーだ。

任期は歴代最短!第九代アメリカ大統領ウィリアム・ハリソン

ウィリアム・ハリソンが大統領になった時、68歳という高齢で、なんと在任一ヶ月で死去してしまった。 そのため彼には功績らしい功績はない。

第八代アメリカ合衆国大統領!マーティン・ヴァン・ビューレン

俺も相当な世界史マニアだと思うけれども、マーティン・ヴァン・ビューレンという名前はこのブログを書くにあたって初めて知った。 アメリカ独立戦争から南北戦争までの時代を「ジャクソン時代」と呼ぶらしいが、実際にジャクソンからリンカーンまでの大統領…

アメリカ合衆国第七代大統領アンドリュー・ジャクソン

1830年に行われた人口調査によると、アメリカの人口は1200万人を超えていた。1790年当時では400万人であったので、約40年で3倍になった計算になる。 このような人口も領土も増大していた時期に大統領になったのがアンドリュー・ジャクソンであった。

アメリカ合衆国第六代大統領ジョン・クインシー・アダムズ

アメリカ歴代大統領の中には2人組ほど親子で大統領になったファミリーがある。1つはブッシュファミリーであり、もう一つはアダムズファミリーである。 アメリカ合衆国第6代大統領であるジョン・クインシー・アダムズは第二代ジョン・アダムズの息子である。 …

アメリカ合衆国第五代大統領ジェームズ・モンローを個人的に評価したくない理由

個人的に好きではないが、それでも政治的には派手な実績があるのが第5代目のアメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローだ。

アメリカ合衆国憲法の父!第四代大統領ジェームズ・マディソン

実は我々日本人はアメリカの歴史に詳しくない。 戦後、アメリカの文化が流入し、今でもハリウッド映画などを通じてアメリカの文化などにはなじみが深いが、実はあまりアメリカの歴史をガッツリ学ぶという機会はあまりないと思う。 アメリカ初代大統領がジョ…

トーマス・ジェファーソン~独立宣言に奴隷解放を盛り込もうとした第三代アメリカ合衆国大統領~

ラシュモア山記念国立公園には4人のアメリカ大統領の巨大な石像がある。 これらは歴代アメリカ大統領の中でも特に功績のある4人をモチーフにしており、左からジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカ…

ジョン・アダムズ~奴隷制に反対しながらも肯定せざるを得なかったアメリカ合衆国第二代大統領~

室町第二代将軍、徳川第二代将軍、二代目ローマ皇帝、第二第漢帝国皇帝、明の二代目皇帝これらが即座に名前が出てくる人は少ないと思う。 これらの例にもれず、日本人でジョン・アダムズの名前がすぐに出てくる人は少ないだろうし、ジョン・アダムズが何をや…

アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

アメリカの初代大統領がジョージ・ワシントンであることは有名だが、ワシントンがどんな人でどんな人生を歩んできたかを知っている人は少ないのではないだろうか? 今回はアメリカ建国の父とでもいうべきジョージ・ワシントンの生涯について見て行こう。

風化させるべきでないアメリカ史の負の側面!ドレッド・スコット事件とその判決について

誰も興味がないだろうが、俺の大学時代のゼミは「英米法」で、この「ドレッドスコット対サンフォード事件」も取り扱った。 世界史の教科書では「シヴィルウォー(南北戦争)」を奴隷解放戦争として教えるが、本当はそんなに簡単なことじゃないんだと、この事…